アップル、「iOS 12.5.5」で脆弱性を解消

アップル(Apple)は、「iOS 12.5.5」でセキュリティに関するアップデートを実施した。  CoreGraphicsに関する脆弱性(CVE-2021-30860)は、悪意を持って作成されたPDFを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるというもの。 そのほかに、悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるというWebKitに関する脆弱性(CVE-2021-30858)や、悪意のあるアプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードが実行される可能性があるというXNUに関する脆弱性(CVE-2021-30869)があった。 現在、上記の脆弱性はすでに解消されている。対応機種は、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)。 アップル、最新の「iOS 14.7」「iPadOS 14.7」で脆弱性やセキュリティ問題などを解消「watchOS 7.6」も アップル(Apple)は、最新の「iOS 14.7」「iPadOS 14.7」で、バグやセキュリティ問題などを解消した。 また、Apple Watch向けの「watchOS 7.6」でも、セキュリティに関するアップデートが実施されている。 「iOS 14.7」「iPadOS 14.7」 Wi-Fiに関する脆弱性(CVE-2021-30800)は、悪意のあるWi-Fiネットワークに接続すると、サービス運用妨害を受けたり任意のコードを実行されたりする可能性があるというもの。 そのほか、「Find My(探す)」において、悪意のあるアプリケーションによって「探す」のデータへアクセスされる脆弱性(CVE-2021-30804)などがあった。 こうした脆弱性が、iOS 14.7およびiPadOS 14.7で解消される。対象デバイスは、iPhone 6s以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)。 「watchOS 7.6」 watchOS 7.6では、任意のコードを実行されるWebKitの脆弱性(CVE-2021-30758など)や、ローカルの攻撃者によってアプリケーションを突然終了されるといったオーディオに関する脆弱性(CVE-2021-30781)などが解消されている。 対象となるデバイスは、Apple Watch Series 3以降。

iOS 15で新たに足切りされるiPhoneはないが…… 新機能に対応するiPhoneモデルまとめ

iOS 15へのアップデート対象となるiPhone、iPod touchのモデルはiOS 14のときと同じだ。SoCにA9チップを搭載し2015年に発売したiPhone 6s、2016年発売のiPhone SE(第1世代)の世代からサポートしている。ただし、一部の機能については対象モデルを限定している。これらの機能をまとめてみた。 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降に限定 iPhone 7の次の世代であるiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRはSoCにA12 Bionicを搭載。それ以降のSoCを搭載するiPhone SE(第2世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、そしてこれから出荷されるiPhone 13ファミリーでは、下記の機能に対応。 FaceTimeでは空間オーディオにより、グループFaceTime通話で他の人の声が画面上のそれぞれの人の位置から聞こえるようにできる FaceTimeで周囲の雑音を遮断して、自分の声がはっきりと聞こえるようにする“声を分離”機能 FaceTimeで周囲の全ての音を通話に取り込めるワイドスペクトル機能 FaceTimeで背景をぼかして自分にピントを合わせられるポートレートモード マップ機能でサンフランシスコベイエリア、ロサンゼルス、ニューヨーク市、ロンドンなどの都市(今後、さらに都市を追加予定)で、高度、木々、建物、ランドマーク、横断歩道、右左折車線、そして複雑なインターチェンジを案内する3D表示を街の地図に詳しく表示 マップ機能の徒歩経路案内で、ステップバイステップの経路案内をAR(拡張現実)で表示 マップのインタラクティブな3D地球儀に、山岳地帯、砂漠、森林、海などの拡充した詳細情報を表示 ウォレットの新機能でホームキーを追加して、対応している自宅やマンションのドアの鍵をタップして解錠可能 テキスト認識表示により写真の中のテキストが操作可能なテキストになるため、写真、スクリーンショット、クイックルック、Safari、およびカメラを使ったライブプレビューでのコピー&ペースト、“調べる”、翻訳が可能 天気アプリで太陽の位置、雲、降水量をより正確に表すことができる新しいアニメーションの背景 Siriへのリクエストの音声はデバイス上で処理されるので、特に設定しなくてもこのデータがデバイスの外に出ることはなく、オフラインでもSiriで多くのリクエストを処理可能 デバイス上でのパーソナライズにより、Siriの音声認識と理解能力が各ユーザーに合わせて向上 iPhone 8以降に限定 iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの前世代であるiPhone 8およびiPhone 8 … Read more

iPhoneでテキストメッセージをスケジュールする方法

重要なメッセージをすべてスケジュールできれば、どれだけのトラブルを回避できるか想像できますか?私たちが毎回忘れがちな個人的なメッセージを除いて、すべての重要な仕事関連のメッセージをスケジュールすることは安心です。 テキストメッセージのスケジュール設定は、現在の時刻を入力して、スケジュールしたときにいつでも送信できる機能です。この便利な機能を使用すると、別の国に住んでいる友人や家族に、目を覚まさずにメッセージを送信できます。誕生日や記念日を忘れる心配はありません。テキストメッセージをスケジュールすると、同僚や家族に毎日、毎週、さらには毎年のリマインダーを設定できます。 ただし、iPhoneでメッセージをスケジュールすることは、スケジュールして電子メールで送信することほど簡単ではありません。その理由は、メッセージのスケジュールを簡単にするAppleの組み込み機能がないためです。そのため、メッセージを間接的にスケジュールする手順は、サードパーティのアプリの一部を使用するため、少し複雑になります。 これらのサードパーティアプリには制限があります。たとえば、「Scheduled」アプリは、スケジュールされたメッセージを自動的に送信するために月額$ 3.49を要求します。無料版を続行する場合は、iPhoneでスケジュールされたメッセージを送信する必要があるときに、アプリからリマインダーが送信されます。要するに、それは人間の介入を必要とします。 iPhoneで事前にメッセージをスケジュールするために必要なすべてのオプションを見てみましょう。 スケジュールされたアプリを使用してiPhoneでテキストメッセージを送信する アプリには2つのオプションがあります- 自動送信モード: iPhoneからスケジュールされたテキストメッセージを自動的に送信するには、月額$ 3.99のプレミアムプランを購入する必要があります。 メッセージのスケジュール:無料バージョンのアプリでは、受信者を追加したり、テキストメッセージを入力したり、メッセージを送信する時間を設定したりできます。スケジュールされた時間にメッセージを送信するように通知されます。 このアプリはAppStoreからダウンロードして、連絡先と通知にアクセスするためのアクセス許可を与えることができます。ScheduledAppを使用してテキストメッセージをスケジュールする方法を見てみましょう。 赤い「メッセージの作成」タブをタップします。 [宛先:]をタップして受信者を追加し、連絡先の1つを選択します。「完了」を押します。 [メッセージ]ボックスに「メッセージ」と入力します。「四角」アイコンをクリックすると、テンプレートを選択できます。 これで、[スケジュールの日付]ボタンをクリックして、メッセージを送信する日時を設定できます。 画面の任意の場所をタップして終了します。[自動的に送信]ボタンをクリックするには、プレミアムプランを選択する必要があります。 最後に、[メッセージのスケジュール]ボタンをクリックします。 メッセージを送信する時間になると通知されます。あなたがしなければならないのはそれをタップしてから「送信」ボタンをクリックすることです。 このアプリは、テキストのスケジュールだけでなく、通話にも役立ちます。WhatsApp、Facebook Messenger、Telegram、Slackメッセージをスケジュールすることもできます。